大きくする 標準 小さくする

第13回関西クラブAリーグ 第2節 試合結果

千里馬 芦屋クラブ
  16 13 - 12 30  
3 18
T G PG DG   T G PG DG
2 1 0 2 1 0 0
0 0 1 0 2 1 2 0
2 0 2 0 4 2 2 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール

日時 2007/10/14
Kick off
試合会場 大阪高専G
レフリー
タッチジャッジ


試合展開的には前半からかなり押し気味に試合は進める。開始5分にNO.8 金孟権のTRYで幸先良くスタートし、その後当初のゲームプラン通り、PGを狙って着実に3点追加し8-0にする。その後スクラムからこぼれたボールを相手に拾われ独走TRY許してゴールも決まり8-7。前半30分過ぎに芦屋クラブのBKの展開からTRYされ8-12で逆転される。千里馬もその後、WTB文忠功の突破からチャンスを掴みFWで押し込みLO金勇洙が逆転TRYし、前半は13-12で折り返す。後半に入ると芦屋クラブの出足が早くなり、最初の10分間は自陣ゴール前に釘付け状態続く。ずっと粘って耐えてたが、千里馬の痛恨のパスミスから再逆転TRY許して13-17になる。これで切れてしまうと完全に相手のペースになってしまう。千里馬も必死に攻め返し、ゴール前でペナルティもらう。PG狙って成功し16-17と1点差に詰め寄る。が、またも自陣エリア内での苦しい時間帯続き、最後はBKに振られゴールど真ん中にTRYされ、ゴールも決まり16-24とされる。しかし時間はまだ20分残ってた。果敢に攻め込み何度も相手ゴール前に行くがゴール前でミス続き、逆に自陣ではペナルティ犯し、逆に2PG追加され、16-30で逆転負け。内容的には互角でしたが、芦屋クラブはトーナメント準優勝して、今年の関西第3代表決定戦に進むチームとしてのプライドが随所に伝わってきた。千里馬はラストの20分で何度も逆転チャンスあったにも関わらず、そこで攻め切れなかった。もったいない試合だった。

千里馬
FWコーチ/HO('10~'13年度 主将)
FWコーチ/HO('10~'13年度 主将).権 英秀
権 英秀
ヘッドコーチ/PR
ヘッドコーチ/PR.金 勝之
金 勝之
LO
LO.金 勇洙
金 勇洙
[ 1T ]
No.8、FL
No.8、FL.任 国主
任 国主
部長/No8('07~'09年度 主将)
部長/No8('07~'09年度 主将).金 孟権
金 孟権
[ 1T ]
SO
SO.尹 玄盛
尹 玄盛
[ 2PG ]

金 聖泰

芦屋クラブとの戦績

公式戦対戦成績(2006年〜2006年) 0勝1敗0分

過去3試合の対戦結果

2006/10/29 第12回関西クラブAリーグ第4節 ● 24-25 ○

第13回関西クラブAリーグ 試合情報一覧

2007/12/09 最終節 六甲クラブ ○ 24-22 ●

2007/11/25 第5節 京都アパッチ ● 10-17 ○

2007/11/11 第4節 交野クラブ ○ 57-36 ●

2007/10/21 第3節 雑草クラブ ○ 54-15 ●

2007/10/14 第2節 芦屋クラブ ● 16-30 ○

2007/10/07 第1節 京都フリークス ○ 33-12 ●